西伊豆に撮影ドライブに行ってきた!

ダカフェレンズ(→PHOTOHITOレンズ作例)を手に入れて初の週末。しかも連休。天気も快晴。

ってことで、撮影ドライブに行ってきました。目指すは西伊豆。

ビーナスラインや伊吹山も考えたんですけど、夏らしい山岳風景ばかりでなく、青く輝く岬も撮りたいなと思ったので、海も山も温泉もある西伊豆に決めました。正直、一番渋滞にハマりにくいかな、という打算もありましたが。

ということで、愛機EOS 8000D(→PHOTOHITOカメラ作例)にダカフェレンズを装着して、いざ突撃。

バッグには一応ズームレンズも忍ばせましたが、今回はすべてダカフェレンズで撮ると、心に期しておりました。

東名沼津ICから伊豆修善寺までバイパスがつながって、アクセスがめちゃくちゃ便利になってて感動しました。途中で混む区間もあるんですが、東名阪の四日市JCTや名神の小牧JCT、一宮JCTなどの詰まりっぷりを考えれば、渋滞のうちにも入らないでしょう。

今回は伊豆方面に抜けましたが、途中で降りて箱根や熱海を目指すのもいいですね。

ルートとしては、伊豆の国パノラマパーク→修善寺を抜けて西伊豆スカイライン→土肥に下りて海岸線沿いをひた走り堂ヶ島へ→日帰り温泉満喫→来た道をそのまま戻って帰宅、こんなルートを組み立ててみました。

伊豆の国パノラマパーク(→公式サイト)

ロープウェーがあるのは知ってましたが、その先にまさかこんな絶景が広がっていたとは知りませんでした。

だるま山高原レストハウス(→伊豆市施設情報)

西伊豆スカイラインに向かっている途中に、食事に立ち寄ったレストハウス。富士山の眺望が素晴らしかったです。

西伊豆スカイライン(→Wikipedia)

こんな絶景快走ワインディングが無料で走行できるとか、素晴らしすぎます。しかも走行量もあまり多くなくて、自分のペースで気持ちよく走れます。伊豆に行くたびに、無理やりこじつけてでもルートに組み込みたい道路。

対向車線側にある駐車場や展望スペースは帰りに楽しもうと思っていたら、そのときには霧に飲み込まれて、この素晴らしい絶景は見る影もありませんでした。チャンスは二度あると思うな、ってことですね。

黄金崎(→西伊豆町観光協会)

西伊豆町は夕陽日本一を謳っていて、数々の絶景ポイントがあるのですが、その中でも屈指のスポット。まあ、この日は夕刻に訪れることはできなかったわけですが。

いつかまた、いや近いうちにでも、夕焼けを収めるためだけにでも再訪したいスポットですね。

堂ヶ島(→洞くつめぐり遊覧船)

まるで絶景のバーゲンセールだな、と思わずつぶやきたくなる西伊豆ですが、その中でも屈指の有名スポット。誰でも一度はどこかで、島の中の洞くつに陽光が差し込む神秘的な画像を見たことがあるのではないでしょうか。

今回の一番の目玉だったのですが、運悪くいい席が取れずに惨敗でした。波も少しかぶってしまいましたね。リベンジリストに追加しました。

長くなりましたが、ここでやっと折り返しです。

さあ帰りながら海岸線沿いの絶景を満喫するぞ、と思っていたのですが、上の写真の何枚かを見て気づいた人もいるかもしれませんが、海側は快晴だったのに山は雲に飲み込まれてまして、もちろん富士山も雲隠れ。

なので、帰りには一枚も写真を撮ってません。

泣きながらクルマをひた走らせて帰宅することになりました。

いやぁしかし、後半は自然に泣かされたとはいえ、西伊豆は素晴らしかったですね。帰りにフリーペーパーをもらってったんですけど、それを読んでると、見落としてる名スポットが他にもいくつも載ってまして。

すでに頭のなかには、次回はこうやって回ろうというルートが組み立てられております。

それにしても単焦点は難しいですね。似通った構図ばっかりになってしまいます。