Harem Scaremの初来日公演について、ちょっと調べてみた

神奈川県川崎市にあるライブホール、クラブチッタ(→クラブチッタ)の30周年を記念するイベントのひとつとして、カナダのメロディック・ロック・バンド、Harem Scarem(→Harem Scarem | Official website | Hess, Lesperance, Doane, Donaghy)の来日公演が発表されました。

clubcitta.co.jp

公演は二日間で、初日は1995年12月に行われた初来日公演の完全再現、二日目はファンからのリクエストによるセットリストを、両日とも新曲を交えて組む予定ということです。

そこで、初来日公演ではどんなセットリストを組んだのかな、と気になったので、ちょっと調べてみましたが、さすがに20年以上前のセットリストの詳細はネット上では見つけられませんでした。

どうしても詳細が知りたければ、当時の音楽雑誌のライブレポを探すしかなさそうです。

ただ、そのときの模様を収録したライブアルバムが発売されている、という記述を見つけました。

ハーレム・スキャーレム - Wikipediaより。

またアルバム発表後のツアーでは来日の予定も組まれ、1995年12月、初来日公演が行われた。このときのライヴの模様は『Live in Japan』に収録され、1996年に発売された。

そのアルバムは持っていたので確認してみたところ、12曲が収録されていました。

ちなみに、その収録曲は以下のとおり。

Live in Japan (Harem Scarem album) - Wikipediaより

Track listing[edit]

All tracks written by Harry Hess and Pete Lesperance, except where noted.

No. Title Length
1. "Change Comes Around" 5:17
2. "Saviors Never Cry" 4:45
3. "Warming a Frozen Rose" 6:01
4. "Blue" 4:40
5. "Candle" 5:15
6. "Slowly Slipping Away" (Hess, Marc Ribler) 4:24
7. "Breathing Sand" (Hess) 5:03
8. "Had Enough" 3:46
9. "Empty Promises" 3:11
10. "The Paint Thins" 4:52
11. "Voice of Reason" 5:12
12. "No Justice" 5:45
13. "Pardon My Zinger" (Lesperance) 4:09
14. "More Than You'll Ever Know" 4:37

当時すでに3枚のアルバムをリリースしていたので、前座(Von Grooveってのがまたシブい)もあったとはいえ、いくらなんでもそれで12曲ということはないでしょうから、7〜8曲は削られているみたいですね。

収録されている曲から想像するに、3rdアルバム発表後のツアーだったので、3rdに収録された楽曲を中心として、2ndと3rdから多く選曲したライブだったのかな、と。

この初来日公演を観に行った人には特に、たまらない公演になりそうですね。当時の興奮や感動が蘇るんじゃないでしょうか。

ちなみに、私は二日目のチケットを狙っております。ファンからのリクエストを中心にとか、大好きな曲ばかり聴けるに違いないと、期待が勝手に膨らんでしまいます。

ライブも上手いですしね。中には、CDとの落差にがっかりするほど、ライブが下手なバンドもいるんですけど、Harem Scaremにはその心配は無用。

新作『United』は素晴らしいアルバムだったので、そこからどの曲が聴けるのかも楽しみです。

UNITED【通常盤】

UNITED【通常盤】

 

Harem Scarem関連記事

aifeel.hateblo.jp