白馬八方池まで、撮影しながらトレッキングしてきた

大混雑の上高地バスターミナルを脱出すると、白馬を目指しました。

白馬の温泉宿に一泊して、その翌日には白馬でトレッキングしようと考えていたからです。

今まで、白馬には、冬にスキーを楽しみに行くだけでした。真冬以外の時季に白馬を訪れたのは、今回が初めてです。

ひと口に白馬と行っても、五竜(→白馬五竜観光協会)や岩岳(→白馬岩岳スキー場)や栂池(→白馬山麓つがいけ高原・栂池高原スキー場)など、様々なトレッキングスポットがあるわけですが、私が選んだのは八方尾根(→白馬八方尾根スキー場)です。

お目当ては白馬八方池。

f:id:aifeel:20171009110008j:plain

私が実際に撮影してきた白馬八方池です。天気も良く、最高でした。山歩きはほとんどしたことなかったので、きつかったですけどね。

今回の撮影も、Canonのデジタル一眼レフEOS 8000D(→PHOTOHITOカメラ作例)と、Sigmaの単焦点30mm F1.4 Art(→PHOTOHITOレンズ作例)の組み合わせです。

リフト終着駅を降りてまだまだ続く山を見上げたときには、軽く絶望しました。え、ここ登ってくの? マジで?

f:id:aifeel:20171009095838j:plain

右下の方に見える茶色の屋根の建物がリフト終着駅です。

勾配、けっこうエグくないですか? 

登山に慣れ親しんでいるのなら、なんてことない道のりなんでしょうけども。八方池をようやく視界に捉えたときには、達成感よりも、やっと目的地にたどり着いたという安堵のほうが大きかったです。

豪雪にすっぽり覆われた白銀の白馬も、滑りながらこれは凄いなと思わず感嘆するほどの景色でしたけど、山々が紅葉に色づき始めている、初秋の白馬も素晴らしかったですね。

f:id:aifeel:20171009125115j:plain

八方尾根も一度だけ滑りに行ったことがあるんですけど、そのときの印象は、とにかく広大なスケールのスキー場、というものでした。さすが長野オリンピック開催地。

f:id:aifeel:20171009090317j:plain

ゴンドラとリフトを乗り継いでかなり上の方まで行けるので、目当ての八方池まで片道約1.5キロ、徒歩90分というところから、かなりお手軽に山歩きを楽しめるようだ、という先入観を抱いてました。大間違いでしたね。

リフト終着からさらに上りが続いているとは、私の貧困な想像力からは欠け落ちてしまってました。少し考えればわかりそうなものですけどね。

だって、普段であれば、1.5キロなんて、20分もあれば歩ける距離ですよ。それが4倍以上かかるっていうんですから、そのしんどさは推して知るべしでしょう。

f:id:aifeel:20171009104744j:plain

しかし、裏を返せば、たった90分歩くだけで、思わず息を飲むような素晴らしい山岳風景が堪能できる、ということでもあります。

今回は天気にも恵まれたので、本当に行ってよかったですね。

f:id:aifeel:20171009112021j:plain

ただ、もう一度行きたいかと問われると、即答は難しいですね。

いや、行きたい気持ちはあるんですよ。今度はどんな表情を見せてくれるんだろう、とか。初夏も気持ちよさそうだな、とか。

しかし、きつかったですからね。覚悟が試されるといいますか。行きたいですけど、そう簡単には頷けません。

f:id:aifeel:20171009124739j:plain

帰り道、最高に渋いパジェロを見かけたので思わず撮影してしまいました。山にパジェロ、お似合いすぎる。

というわけで、一泊二日、この二日間で一年分は歩いたんじゃないかという、初秋の信州撮影旅行でした。きつかったですけど、最高でした。

Canon EOS 8000DとSigma 30mm F1.4 Artの組み合わせで撮影してきた風景

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp