初心者にちょうどいいハイキングコースと噂の西沢渓谷に行ってみたら、想像を遥かに超える過酷さだった

山梨県と埼玉県の県境の近くに、西沢渓谷(→西沢渓谷 | 山梨市観光協会)という、それはそれは素晴らしい景観を誇る渓谷があります。

f:id:aifeel:20171111105159j:plain

数年前から、美しい滝の写真を見ては、これは凄いな、いつか行ってみたいな、とは思っていたのですが、ついに機は熟したというわけです。

今回も、Canonのデジタル一眼レフEOS 8000D(→PHOTOHITOカメラ作例)と、Sigmaの単焦点30mm F1.4 Art(→PHOTOHITOレンズ作例)の組み合わせで、写真を撮ってきました。

ネットで調べてみると、一周約10km、所要時間約4時間、家族連れや初心者にちょうどいいハイキングコースとの口コミ(→初心者には丁度いいハイキングコース - 西沢渓谷の口コミ - トリップアドバイザー)だったので、これは登山に慣れ親しんでいない私達にももってこいだろうと。

伊達に、この夏から初秋にかけて、ハイキングやトレッキングに明け暮れてたわけではないですからね。

ただ、今思うと、ちょっと舐めてましたね。山を甘く見てはいけないと痛感したはずが、まだまだ覚悟が足りていなかったようです。

道理で、駐車場で出発の準備をしているとき、周りのハイカーの格好や装備がやけに本格的だったわけですよ。

実際に自分の足で歩いてみた感想としては、これで初心者にちょうどいい? よく整備されていて歩きやすい? 本気でそう言ってるのかよ、と。冗談でしょ?

騙されたとまでは言いませんけど、本当にこれで初心者にちょうどいいとしたら、初期設定レベルが高すぎじゃないですかね。

f:id:aifeel:20171111110336j:plain

遊歩道はすれ違いに苦労するほど狭いし、一歩間違えたら崖や川や滝に転落しそうだし、岩場は濡れていて滑りやすいし、アップダウンも激しいしで、一時間と少し歩いた頃には、これはどうやらとんでもないところに来てしまったようだぞ、と後悔し始めていました。

f:id:aifeel:20171111110402j:plain

雨上がりで、足場が濡れていたりぬかるんでいたりで状態が悪かった、というのも運が悪かったかもしれません。

f:id:aifeel:20171111110226j:plain

そして、途中で、最大の見所である七ツ釜五段の滝まであと40分の看板のところで、ついに心折れました。他にも目的地があったので、そちらに回す時間も確保したかったというのもありましたが、引き返すことに決めました。

写真撮り忘れたんですけど、これ登ってくとか正気かよと言いたくなるような道だったんですよ。

葉っぱはほとんど散ってしまっていて、残念ながら紅葉はいまいちでしたけど、高低差のあるダイナミックな渓流の景観は素晴らしかったですね。

f:id:aifeel:20171111112701j:plain

ちゃんとトレッキングシューズを用意していたのですが、帰りに滑ってコケました。もう少しで川に転落するところでした。

不注意で愛機を傷物にしてしまった。壊れるほどではなかったですが。他には腕をちょっと擦りむいたくらいで、大した怪我もなく助かりました。

口コミを鵜呑みにするのも考えものだな、と思いましたね。やっぱり、自分の足で歩いてみないと、わからないこともありますね。

感じ方は人それぞれだとは思いますが、これを初心者レベルとするのは、ちょっとどうかと思いますけどね、私は。

残念ながら、今回は途中で諦めて引き返してしまったんですけど、七ツ釜五段の滝はぜひともこの目で見たいので、近いうちにリベンジしたいですね。

山梨に行くとなると、ワイナリー巡りもしたいので、今度はもっと時間に余裕を持ったスケジュールを組まねば。

Canon EOS 8000DとSigma 30mm F1.4 Artの組み合わせで撮影してきた風景 

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp