奥美濃の代表的なスキー場の、特徴をまとめてみた

昔ほど足繁く通わなくなってしまいましたが、二十代半ばの頃から十数年間、冬になると雪山に愛車を走らせてスキーを楽しんでいます。

f:id:aifeel:20180102091452j:plain

写真は、2018年1月2日、小雪舞う晴天の鷲ヶ岳スキー場で撮ったものです。

私は静岡県の西部地方に住んでいるので、日帰りスキーとなると、岐阜県の奥美濃地方のスキー場を目指します。高速道路を利用して、片道約三時間。

初めて行ったときは、高速代節約しようぜとすべて下道でひた走り、片道七時間かかりました。片道ですよ。往復で占めて十四時間です。

あれはしんどかった。

出発が21時、翌朝4時にスキー場に着いて、5時から滑り始め、リフト最終時間直前まで滑りまくり、暗くなってからようやく帰り始め、名古屋で晩御飯を食べて、家に帰り着く頃には日付が変わろうとしている有様。

若気の至りとはげに恐ろしき。もう二度と、あんなことはやりたくないです。今となっては良い笑い話で、良い思い出ですけどね。スキー仲間で集まると、毎回あれはしんどかったという話になります。何回おんなじ話すんの、もういいわ、と言いながらも、毎回その話をしてます。

私が主に通っているのは、以下の四ヶ所のスキー場です。その日の気分だったり、割引券の有り無しだったり、友人や自分の希望だったりで、行き先を決めています。

  • ダイナランド(→ダイナランド)

    ◯麓に宿泊施設充実
    ◯広大な駐車場
    ◯シャトルバスあり
    ◯早朝、ナイターあり
    ◯夏にはゆり園も開催
    ◯ワイドで滑りごたえのあるゲレンデ
    ☓駐車場までの道が傷んでいて、勾配とカーブもきつい
  • 高鷲スノーパーク(→高鷲スノーパーク)

    ◯駐車場までの道が、勾配もカーブも緩やかで走りやすい
    ◯パークアイテムが充実している
    ◯エリア唯一のゴンドラがある
    ◯西日本最大級のゲレンデ
    ☓早朝なし
  • ホワイトピアたかす(→ホワイトピアたかす | 岐阜県奥美濃のスキー場)

    ◯割引サービス充実
    ◯比較的空いている
    ◯温泉あり
    ◯ダイナミックに入り組んだゲレンデ
    ◯早朝あり
    ☓インターから遠い
    ☓DJブースがないためムードはいまいち
    ☓食事はいまいち
    ☓コースがセンターに集中する作りになっているので、人が密集しやすい
  • 鷲ヶ岳スキー場(→鷲ヶ岳スキー場)

    ◯高鷲インター降りてすぐの好立地
    ◯ワイドで程よい傾斜の滑りやすいゲレンデ
    ◯休憩スペース充実
    ◯温泉あり
    ◯早朝、ナイターあり
    ☓混みやすい
    ☓割引サービスは平日のみ

それぞれ、やっぱり一長一短あるんですけど、思いつく限りざっと列挙すると、各スキー場の特徴はだいたいこんなところですかね。 それは違うだろうと感じる人もいるかもしれませんが、私はこのように感じているということで。

中でもよく行くのは、ホワイトピアたかす(→ホワイトピアたかす | 岐阜県奥美濃のスキー場)です。初めて岐阜に滑りに行った時に選んだゲレンデということもあって、思い入れもありますね。

それまで通っていたところと全然雪質が違って、自分の滑りがレベルアップしたと錯覚するほど滑りやすい雪で、めちゃくちゃ感動したことを覚えています。今はもう慣れちゃって、何も感じないですけどね。

立地的に一番割を食っているのか、リピーター獲得のためになりふり構わず割引券をばらまいているので、一度行くと必然的にじゃあ次もホワイトピアへ、となりやすいんですよね。

帰りに、リフト一日券の半額券を二枚もくれるんですよ? しかも、使用に曜日指定なし。太っ腹すぎるでしょう。

あと、すぐ隣が鷲ヶ岳スキー場なんですけど、共通券を買えば行き来が可能になったのも大きいですね。もともと、ホワイトピアだけでも充分大きなスキー場だったのが、一日ではとても遊びきれないほど拡充されました。

何年も前から、往来できるようになったら良いのにと仲間内でも話していたので、この実現は本当に嬉しかったですね。悲願ですよ。ついに念願がかなったぞ、と。

スキーやスノボって、スキー場で実際に滑って楽しむのが最大の目的なんですけど、魅力はそれだけに留まらないのが良いところですよね。

例えば深夜の高速。仲間たちと、近況を報告し合いながら楽しいドライブ。

現地に着けば、地元ではめったに見ない雪が、あたり一面の銀世界。ホントに同じ日本なのかここは。異世界感が半端ない。

雪遊びで冷え切った体に、日帰り温泉で極楽気分。気持ちよすぎてめっちゃ眠くなるんで、帰りは無理せずに仮眠しながら。

若い頃は、何も考えずにとにかく滑りまくってただそれだけで満足していましたが、歳を重ねてくると、スキーだけじゃなくて付随して楽しめることも大事になってきますね。

昔ほど回数を行かなくなったので、一回一回を大事にしたい、質を上げたい、と思うようになりました。

f:id:aifeel:20180121070222j:plain

私は、夜が明ける前から滑り始めて、お昼ごろには撤収するのが大体のパターンです。早朝はゲレンデが空いてますし、晴れてればご来光も拝めますし、昼前に帰れば高速も渋滞してないですし。

夕方までに地元に戻ることができれば、ちょっとした用事も片付けられますしね。

f:id:aifeel:20180121072338j:plain

写真は、2018年1月21日に撮影した、ダイナランドの夜明けです。

夜明けはやっぱり良いですねぇ。何度見ても、心洗われるといいますか。暖かいものがジーンと胸に染み込んでくるような、感動的な光景です。日の上昇に連れて、じんわり、段々と暖かくなってゆくのがまた堪んないですね。

サンライズスキー、良いですよ。ちょっと寒いですけどね。吹雪いていたりすると特に。