最高のSF超大作『レディ・プレイヤー 1』を劇場で観てきた

劇場で予告編を見たときから、これは面白そうだな、劇場で観たいな、と思っていました。『レディ・プレイヤー 1』(→READY PLAYER ONE - Official Trailer)

何より、Van Halenの"Jump"(→Van Halen - Jump - YouTube)が流れてたのに思わず食いついてしまいました。この曲ほど、イントロだけで聴く人をワクワクさせて高揚感をあおる曲は、そうそうないでしょう。

『アトミック・ブロンド』の件があったので、実際に観るまで油断はできないぞと気を引き締めてはいましたが。サントラの曲目リストに載ってなかったので、余計に不安は大きかったですね。

ただ、この時点では、ちょっと面白そうなSF超大作、それくらいの認識でした。

その認識がガラリと変わったのが、YouTubeでこの冒頭3分タダ見せ動画を視聴してからです。

刻々と姿を変えてプレイヤーに牙をむくシティ・レース、疾走するAKIRAバイクにデロリアン、暴れまわるTレックスにキングコング、なにこれ凄すぎるだろう。てんこ盛りにも程がある。

これですっかり心を掴まれてしまいましたね。絶対に劇場で観る!

というわけで、待ちに待った公開初日、さっそく劇場に突撃してきました。公開初日に劇場に足を運んだの、これが初めてかもしれません。

観劇後の感想としては、もう最高。このひと言に尽きますね。魂ぶっこ抜かれました。

予告編を見て少しでも面白そうと感じたなら、一日でも早く、一分一秒でも早く、劇場に観に行きなさい。私にできる助言はそれだけです。

マンガ、アニメ、映画、ゲーム、音楽。把握しきれないほど、とても拾いきれないほど、ありとあらゆる日米のポップ・カルチャーを詰め込んでいるにも関わらず、ごった煮になっていない。これが凄い。

普通、こんなに詰め込むと、冗長になったり散漫になったりして、焦点がぼやけて中だるみするものですが。気がついたらこの世界にのめり込み、あっという間に140分が経っておりました。

現実では苦しい生活を送っている冴えないオタクが、それから逃避するかのように夢中になったVRの世界で、仲間と共に戦ううちに心を通わせて現実の素晴らしさに気づき、大好きな世界を守るために英雄として覚醒する。

燃えますよ、これは。

ゲームがただ上手いだけではなくて、創設者を誰よりも愛し理解している者こそが強い、というのもいいですね。愛があります。

クライマックスがまた素晴らしかったですね。目頭が熱くなり、目が潤んでました。

脳内映像補完を手に入れた今、原作小説を読みたいですね。そして、原作補完を手に入れた上で、もう一度観たい。それほどこの世界観にゾッコンです。

細かいことを言えば、ツッコミどころはありますよ。超大作で敵の要塞に潜入するシーンにありがちなセキュリティの杜撰さとか、敵の作戦の間抜けさや詰めの甘さなど。その有様であなたよくそこまで登りつめられましたね、と。

それが不思議と減点対象とならずに、むしろ愛嬌になってるんですよねぇ。お約束にホッとするといいますか。

野暮なこと言ってないで、心ゆくまでこの娯楽超大作を堪能しましょうや。気にするだけ損ってものですぜ。

映画好きや小説好きにはネタバレを唾棄する人も多いと思いますが、この作品に限っては、ネタバレに楽しみを削がれることはないでしょう。むしろ、知れば知るほど世界観が深まり、そのあまりの底知れない深淵さに畏敬の念を覚えるのみ。

"Jump"もちゃんと流れたのでひと安心。エンディング曲がまた最高でしたね。

今まで観た映画で一番好きな作品は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ですが、もしかしたらこの『レディ・プレイヤー 1』はそれを塗り替えるかもしれません。

原作の読破後の再観劇が、今から楽しみでしょうがないですね。 

【Amazon.co.jp限定】レディ・プレイヤー1 ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(オリジナルピンバッジ5個セット) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】レディ・プレイヤー1 ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(オリジナルピンバッジ5個セット) [Blu-ray]

 
ゲームウォーズ(下) (SB文庫)

ゲームウォーズ(下) (SB文庫)

 
ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

 
レディ・プレイヤー1(ソング・アルバム)

レディ・プレイヤー1(ソング・アルバム)

  • アーティスト: サントラ,ブライアン・グエン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/05/09
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る