もし私が資産家で、私財を投じてメロディック・ロック・フェスを日本で開催するとしたら

先日、Twitterのタイムラインに、スウェーデンで開催されるFrontiers Musicのロック・フェスの参加バンド一覧が回ってきて、母国や隣国であるというお国柄もあるとは思いますが、その渋いラインナップに思わず唸ってしまいました。

いいなぁ。日本でも演って欲しい。

fryshuset.se

日本国内随一のメタル・フェスであるラウドパークですら苦戦し、今年2018年は未開催という事実から考えると、興行的にはとても厳しいものがあるのだろうと想像できますが。

未開催を嘆いていてもしょうがないので、仮に私が資産家で、私財を投じて日本でメロディック・ロック・フェスを開催するとしたら、という妄想を繰り広げて、お慰みとすることにします。

この妄想も大概しょうもないし虚しいですけど、気にせず続けます。

f:id:aifeel:20180617091148j:plain

まずは会場。これは神奈川県川崎市のクラブチッタ(→クラブチッタ)一択ですね。

キャパだけを考えれば、いくらなんでももう少し大きな会場を押さえるべきでしょうけど、シーンにおけるこのホールの存在意義からして、ここ以上にこのイベントに相応しい会場はないでしょう。

クラブチッタでツーデイズ開催するとして、トリはFair WarningとHarem Scaremですね。この二組を連日呼べたら、それだけでこのイベントは成功したも同然でしょう。キャパを考えろと苦情が殺到しそうですが。セットチェンジが多すぎての中だるみも心配です。

まあ、どうせ妄想なので、現実的なつまらない些事は、とりあえず無視して話を進めます。

フェスの名称も保留。ネーミングセンスないので。とりあえず、MR Heaven(仮)ってことで。

一日あたり六組出演するとして、残り十組ですか。

呼びたいバンドを思いつく限り列挙すると...

ざっとこんなところですかね。

呼びたい(観たい)バンドが多すぎる問題発生。

中には、そのバンドをメロディック・ロック・フェスと銘打ってるイベントに呼ぶのはどうなん? とか、一部メンバー被ってね? とか、まだ活動してるの? ってバンドも含まれてますけど、私財を投じるので、少しくらいのわがままは勘弁して下さい。

もしバンドの反応が良くて、どのバンドも出たい出たいとなったら、Tenをトリに一日追加してスリーデイズにします。で、Vinny Burnsに、一曲だけ、"The Name Of The Rose"だけでいいから、Tenのステージに立ってくれと懇願します。

ジャンボくじかtoto BIGの一等が当たったら、札束をちらつかせながら企画を持ち込みます。

奇跡的に実現した暁には、この中から交渉してブッキングしていくことになるでしょう。

乞うご期待。

www.youtube.com

ライブ関連記事 

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp