初めて買ったテントとタープは、コスパ最強と名高いノースイーグル

女子高生アウトドアスタイル漫画『ゆるキャン△』にハマって、前から興味を持ち始めていたキャンプやBBQへのあこがれをますます募らせていたわけですが、ついにこの度、コスパ最強と名高いテントとタープをAmazonで買いました。

最初は、ちょっと値は張るけどコールマン(→コールマン)やスノーピーク(→スノーピーク)の製品を買おうかと悩んでいたんですけども、価格差約四倍、この差はいかんとも逆らいがたく、安い方へと流れてしまいました。

あとは置き場所ですね。異様にデカくて重いんですよ、コールマンとスノーピークのテントって。レジまで持っていくと腰がやられそうなほど。

まあ、それだけ質量が詰まっていて丈夫でモノは良いってことなのかもしれませんけども。

あとは、これで実際にキャンプやBBQをやってみて、本格的にハマってもっといい道具が欲しくなったら、買い替えや買い足しを考えていこうかな、と。

私が買ったテントとタープはこちら。

North Eagle(ノースイーグル) テント イーグルミニドーム200III [2~3人用] NE1212

North Eagle(ノースイーグル) テント イーグルミニドーム200III [2~3人用] NE1212

 
ロゴス ぴったりグランドシート200

ロゴス ぴったりグランドシート200

 
North Eagle(ノースイーグル) タープ イーグルヘキサゴンタープII 440cm×440cm×230cm NE167

North Eagle(ノースイーグル) タープ イーグルヘキサゴンタープII 440cm×440cm×230cm NE167

 

どちらもノースイーグル(→North Eagle)。テントの下敷きであるグランドシートも合わせて、三点合計でも1万5千円以下という圧倒的安さ。

これがコールマンだったら、タープ買っただけでオーバー。

これがスノーピークだったら、グランドシートとインナーマット買っただけでオーバー。

確かにモノは良いんでしょうけども、やっぱり高いですよねぇ。アウトドア初心者を、価格設定でふるいにかけてくる敷居の高さを感じますよ。

私が買ったテントとタープですが、安いだけあって数も売れているようで、比例してレビュー投稿数も多いのですが、それでいて評判も上々。安いだけの粗悪品なんてこともなく、品質の良さにも期待が持てるのが魅力。

地元の量販店では置いてなくて実物を見て確認できなかったので、少なからず不安はあったのですが、この値段の安さと評判の高さが、これにする決め手になったのは間違いのないところです。

実はもうひとつ、安くて狙っているテントがあるんですよ。

軽量ツーリングタイプ。

行くかどうかはまた別として、キャンプインフェス用にどうかなと。行かなかったとしても、5千円を切る安さですからね。予備として置いておいても問題なし。荷姿も小さいので邪魔にならないですしね。

これは量販店に置いてあったので持ち上げてみたところ、想像していたよりも重かったので、お金をかけてでももっと軽いのを買うべきかと悩み始めています。

そんなことよりも、もうひとつのテントを買う前に、さっさと試し張りしとけやって話ですけども。

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-18

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-18

 

アウトドア関連記事

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

こんなキャンプスタイル良いですよねぇ。カッコいい。シブい。憧れます。映像も綺麗すぎ。