『BLUE GIANT SUPREME』の6巻を読んで、弾き逃げにあいたくなってしまった

轢き逃げじゃないですよ。弾き逃げです。

世界一のジャズ・サックスプレイヤーを目指す青年、宮本大の生き様を描いた漫画、『BLUE GIANT SUPREME』(→小学館 | ビッグコミック連載『BLUE GIANT SUPREME』)が面白くて、単行本が発売されるやいなや書店で買って、毎回楽しく読んでいます。

その最新6巻に、バンドの宣伝のために空港に設置されているストリートピアノを演奏する、というエピソードがあるのですが、それを読んで以来、同じような状況に遭遇したいという願望が募っています。

BLUE GIANT SUPREME (6) (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT SUPREME (6) (ビッグコミックススペシャル)

 

いやぁ、素敵じゃないですか。偶然通りかかったところで、素晴らしい音色にふと足を止めて、うっとり聴き入ってしまうだなんて。

なにか予定があって向かっていた途中で、それをひとまず後回しにしちゃうんですよ。

普段、なかなかそんなことってないですよねぇ。偶然見かけたものに心奪われて、本来の目的を置いといて、かぶりついてしまうほどのことなんて。

それが、好きな音楽だったら、なんて素敵なんでしょう。

私が特に好きなストリートピアノ奏者は、大木エンジニアリングさんです。YouTubeで、ストリートピアノで披露した弾き逃げ動画を中心に、多くの演奏動画をアップしています。

独学の耳コピとは信じがたい素晴らしい演奏です。独学の耳コピで、一体どんな練習を積んだら、即興デュエットなど弾きこなせるまでに上達するというのか…。

並々ならぬ研鑽の足跡が伺えます。

www.youtube.com

私が特に好きな弾き逃げ動画は、以下の三本です。

いや、ホントに素敵な演奏で、心に染み渡ります。

東京の新丸ビルで張り込むのが一番遭遇率が高そうですが、それでは試されるのは自分の根性だけで、たまたま巡り会えたという劇的さがゼロなぶん、差し引きで聴けた喜びが半減しそう。

それはちょっと困る。

そんなわけで、いつかどこかで、大木エンジニアリングさんの弾き逃げにあえたらいいな、と密かに夢見ています。


東京 新丸ビルで summer を弾き逃げ!


【神演奏】3人のユーチューバーが即興で久石譲 summer を演奏したら凄いことに!


浜松駅でX JapanのForever Loveを弾き逃げ

ストリートピアノ動画


playing Bohemian Rhapsody on Elton John's piano at St. Pancras Station - London


Spontaneous Jazz duet on Street Piano in Paris #1 with Frans Bak

関連記事 

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp