晩秋の毘沙門堂門跡で、カメラ片手に紅葉狩りしてきた

12月最初の日曜日。朝イチで、京都市山科区の紅葉の名所、毘沙門堂門跡(→毘沙門堂)を参拝してきました。

遅めの紅葉を楽しむのに、ラストチャンスですね。

出発は朝4時。なぜそんなに早く出るのかというと、朝の渋滞を避けるためです。

ちょっと出遅れると、伊勢湾岸道と東名阪道が交わる四日市JCTで、慢性的な交通集中による渋滞に巻き込まれちゃうんですよねぇ。

これに巻き込まれると、京都への到着時間が遅くなり、目的地までの交通量が増えるため思うように進めなくなり、目的地に着いてもすでに人が多いためスムーズに参拝できなくなり、と悪循環にハマっていってしまうのです。

それが積もり積もって、京都脱出が遅くなると、帰りの高速道路も渋滞しているという始末。

まあ、今回の京都は毘沙門堂のみに絞ったので、少しくらい到着が遅れようと、帰りに渋滞に巻き込まれるってことはまずないでしょうけども。

遅くても8時までには、目的地に着いておきたいところですね。

毘沙門堂は、紅葉シーズンは本堂の裏手に臨時駐車場が設けられるので、クルマを停めるスペースには困らないんですけど、そこに至るまでの道が狭くて参拝者も多いため、危ないですしすれ違いにも苦労するので、それを嫌って山科駅前駐車場に停めました。

地下鉄東西線を利用すれば南禅寺にも行ける、非常に利便性の高い駐車場です。

カメラは、今回もCanonのデジタル一眼レフEOS 8000D、レンズはシグマの単焦点30mm F1.4。いつものこの組み合わせで撮りまくってきました。

前回に引き続き、今回もマニュアル撮影縛りで。行く前は、今回はホワイトバランスもいろいろと試してみようと思っていたんですけど、いざ撮影を始めたらすっ飛んじゃってました。

あとは、まったく同じ構図での、マニュアルVSオートですね。これもやってみようかと思ってたら、そんな余裕はまったくなくてすっかり忘れてしまいました。

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

山科駅から毘沙門堂までは、緩やかな上り坂になってます。約1.3キロ。道が狭いので、隅に寄って、通過するクルマに神経を使いながら歩いていきます。

毘沙門堂は、京都の紅葉の名所の中でも、紅葉のピークが遅めの寺社なんですけど、来るのが微妙に遅かったですね。

散り紅葉で有名な名所ではあるんですけど、散ったばかりではなく、散ってから日の経った落葉が目立ったので、あと数日早く来たかったところです。

こればっかりは仕方ないですね。どうしようもないですから。

前回来たときは、本堂が工事中だったので、庭園だけざっと見て回ったんですけど、今回は無事終了していたので、お坊さんの案内を拝聴しながらじっくり回りました。

珍しく写真は後回し。

参拝前に外から眺めていて、なんだか東照宮っぽい配色の寺社だなと思っていたら、その件についてもお坊さんから簡単に説明があって、ググる前に速攻でなるほどと納得。

しかしこの日は暖かかったですね。

12月の京都ってことで、冬用の上着にマフラーに手袋、さらにはニット帽と完全装備で行ったら、暑すぎました。緩やかな上り坂だったのが、効いていたのかもしれません。

開かずの門を下から撮った写真に、他の参拝者の姿がまったく写り込んでいませんが、写り込まないように構図を調整した結果です。

実際には、フレームの下に、しゃがみ込んだり、立って写真を撮っているカメラマンが、大勢います。

さすが、人気の名所。開門時間前に着いても、先客が多いです。

f:id:aifeel:20181203223709j:plain

f:id:aifeel:20181203223713j:plain

f:id:aifeel:20181203223717j:plain

f:id:aifeel:20181203223720j:plain

f:id:aifeel:20181203223723j:plain

f:id:aifeel:20181203223728j:plain

f:id:aifeel:20181203223732j:plain

f:id:aifeel:20181203223739j:plain

f:id:aifeel:20181203223736j:plain

一度は行きたい 東海絶景ドライブ (ぴあMOOK中部)

一度は行きたい 東海絶景ドライブ (ぴあMOOK中部)

 

関連記事 

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp