スピーカーケーブルを替えてみた

オーディオは、ハマればハマるほど、際限なくお金がかかっていきます。

アンプとプレーヤーとスピーカーを買って、それでハイ終わり、とはならないんですよね。

その三機種で必要最低限は揃っているんですけど、ホントに必要最低限なので、味気がなさすぎていろいろと手を加えたくなっちゃうんですよ。

素晴らしいスピーカーにはそれに見合った立派なスタンドが欲しくなりますし、アンプとプレーヤーを設置する頑丈なラックも欲しくなりますし、各機器を自分好みのケーブルで繋ぎたくなります。そういうものなんです。

それでも飽き足りない人は、電源ケーブルを替えて、電源を設置して、その果てには自分だけの電柱を買ってしまったり、さらには部屋の反響にまで凝りだしたりと、とにかく終りがありません。

私はそこまでする気はないので、各機器をつなぐケーブルは付属のものよりはマシなグレードの物、スピーカーケーブルはもう少しお金をかけてコスパ抜群と評判の物にして、それで良しとしていました。

いくらかけるかも大事ですよねぇ。

あんまり安いので済ませとくと、後々しっくり来なかったときにとっかえひっかえしたくなってしまって、余分な再選定や交換作業や購入費用が発生しかねませんし。

f:id:aifeel:20151107165601j:plain

ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α/m 切売

ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α/m 切売

 

スピーカーケーブルは、今まではオルトフォンのSPK−3100 SILVERを使っていました。こちらはすでに生産終了してしまったようですね。確か1mあたり1000円ほどだったと記憶しています。

高音域がキレイで、その代り低域がやや物足りない、そんな音でした。アンプやプレーヤーとの兼ね合いで、そんな性格の音が出ていた傾向もあったのかもしれませんが。

概ね満足して、好きな音楽を楽しんでいたのですが、ちょっと気分転換したくなり、この度新たにスピーカーケーブルを買いました。ZONOTONE(→Zonotone (ゾノトーン)公式サイト)の6NSP-Granster 2200α。1mあたり約1500円。

ケーブルで音が変わるとか、眉唾というかオカルトというか思い込みというか、そんな側面もあるわけなんですけど、実感として確かに音が変わったと感じることができたので、買ってみてよかったですね。

より自分好みの音の傾向に変化したので、なおさらです。

ひとことで言うと、こってりとした音像です。

低中域の押し出しが強く、かと言って高域が物足りないでもなく。濃密な音がガンガン主張する音になって、ロックやポップスを聴くのに実にいい感じです。

私が使っているスピーカー、JBLの4305Hも、豪快な音が前に飛んでくる鳴りっぷりの気持ちいいスピーカーですが、その魅力がさらに強調されました。

ただ、こってりすぎるあまり、聴き疲れしやすい音になってしまいましたね。

ブログを書きながらとか、小説や漫画を読みながらBGMを流すには、ちょっと主張が強すぎます。

大好きなアルバムや曲を、短時間集中してガッと聴くぶんには、最高なんですが。アクション映画やライブDVDなども最高です。

まだオルトフォンのケーブルも手元に残してあるので、その日その時の気分で取り替えながら、好きな音楽を楽しんでいきます。

オーディオ関連記事

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp