サーモスの真空断熱タンブラーの唯一の欠点は、口当たりが痛いこと

私は、YouTubeで瀬戸さんの動画を見て、その存在を知りました。

サーモス(→サーモス)の真空断熱タンブラー。サーモスは、魔法びんで高名なメーカーです。その魔法びんで培った技術をふんだんに盛り込んだのが、この真空断熱タンブラー、というわけです。

サーモス 真空断熱タンブラー 600ml ステンレス JDA-600 S

サーモス 真空断熱タンブラー 600ml ステンレス JDA-600 S

 

f:id:aifeel:20180814144447j:plain

この動画で、こんなに便利で素晴らしいものがあったんだと衝撃を受けて、 早速買ってきて使ってみたところ、タンブラーに口をつけたら痛かったのでびっくりした、これが率直な第一印象でした。

いいところはいっぱいあるんですよ。

大容量、保温性抜群、氷がめっちゃ解けにくい、結露しない、工業製品ならではの美しいフォルム。

ただ、それらのいいところを一瞬でふっ飛ばしかねないほどの唯一の致命的な欠点、それが口当たりが痛いってことです。

タンブラーのフチが極限まで薄くなっているからでしょうね。仕上がりはほんと美しくてかっこいいんですけど。ちなみにこのタンブラー、洗うときも、手にフチが食い込んで痛いです。

口当たりの痛さに最初びっくりしたんですが、結構いい値段したこともあって、気軽にホイホイ買い替えるわけにもいかず、まあこういうものかと受け入れて使っていたんですけど、友人の影響で焼き物のコップや器に興味を持つようになったら、この欠点がさらにクローズアップされてしまいました。

というのも、焼き物のコップには、サーモスの真空断熱タンブラーとは真逆の魅力があったからです。

焼き物は手作りのため、似たような器でも一点一点個体差があって、それがまたいい味になってるんですよね。

手に持ったときに、微妙な凹凸が手のひらに吸い付くようにフィットして、めちゃくちゃ持ちやすいですし。コップのフチがクルッと外側に湾曲していると、飲むときに唇に吸い付くようにフィットして、口当たりも優しくてめちゃくちゃ気持ちがいいです。

なので、私が焼き物のコップを買うときは、似たような形でも、より手にフィットするコップを探し当てるためにすべて手に持ち比べますし、コップのフチがクルッと外側に湾曲しているものばっかりを選んでいます。

先日、兵庫県を旅行したついでに、日本六古窯のひとつである、兵庫県篠山市の丹波焼の里を訪れてきました。

一軒一軒窯元を見て回るのがホントは一番なんでしょうけど、窯元横丁のある丹波焼の総合施設、陶の郷(→立杭 陶の郷)を覗いてきました。想像していたより売り場がめちゃくちゃ広くて、渋くて魅力的な器もたくさんあるしで目移りしてしまい、購入品を絞り込むのに難儀しました。

丹波焼も素晴らしいですねぇ。また季節を変えて再訪したいです。

【丹波のイロドリ】丹波焼の公式通販オンラインショップ

兵庫旅行関連記事

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp