洋楽ハードロックにハマったきっかけ

私が音楽を聴くようになったそもそものきっかけは、中学二年の頃に、親がCDラジカセを買ってくれたことでした。

今思えば、なんで買ってくれたのかが意味不明なんですけどね。それまで、音楽を聴くことにまるで興味がなかったので。当然、おねだりしたわけでもないですし。

せっかく買ってくれたのだから、音楽CDを聴いてみよう。

近所のレンタル屋に通いつめ、当時の邦楽ヒット曲を借りてきてはカセットにせっせとダビングし、マイベストを作成するなどして、音楽を楽しむようになっていきます。

B'zやZARDやCHAGE & ASKA、WANDSにT-BOLANといったところが、私の音楽好きの原点ですね。

中でも、特にB'zですね。他のバンドはレンタルで出費を浮かせる一方で、B'zだけはお小遣いをやりくりして、アルバムやシングルなど、CDを買い集めていました。

ご存知の方も多いかと思いますが、B'zは洋楽ハードロックからの影響が大きいバンドです。こうして、私が洋楽ハードロックに傾倒する素性は出来上がっていったというわけです。

そんなこんなで時は流れて、あれは1994年のことでした。私は高校二年生になっていました。

Bon Joviがデビュー10周年を迎えて、初のベストアルバム『Cross Road』をリリースしたのです。

Cross Road

Cross Road

 

このベストアルバムの中に、新曲が二曲収録されていたのですけど、そのうちの一曲"Always"のMVが、当時よく見ていたWOWOWでパワープレイされ、それを観た私はあまりのカッコよさにしびれた、とまぁそんなわけです。ヴォーカルのJonがカッコいいんだ、これがまた。

いても立ってもいられなくなり、地元のCD屋さんに自転車を走らせて、ベストアルバムを買ってきました。早速聴いてみると、ごく一部を除いて名曲ばっかり入っていたので更に驚いて、当時リリースされていたすべてのオリジナルアルバムを買い集めた次第です。

もっとも、この思い出のBon Joviのオリジナルアルバムは、空き巣にパクられて売りさばかれたので、手元には残っておりません。

aifeel.hateblo.jp

オリジナルアルバムを聴き込んでみると、ベストには収録されなかった曲にも名曲が山ほどあって、なんだこのバンドとんでもねーな、と感嘆したことをよく覚えています。

このBon Jovi初のベストアルバムは世界中で売れに売れまくり、便乗したというわけではないでしょうが、時を同じくして多くのバンドがベストをリリースしたため、ベストアルバムの発売ブームとでも呼ぶべき流れが生まれました。

Bon Joviで初めて洋楽ロックの素晴らしさに触れた私には、これ以上ないと言っても過言ではない入門環境ができあがっていました。

Aerosmith『Big Ones』

Big Ones

Big Ones

 

Def Leppard『Vault』

Vault:Greatest Hits 80-95

Vault:Greatest Hits 80-95

 

Whitesnake『Greatest Hits』

Greatest Hits

Greatest Hits

 

Mr. Big『Big, Bigger, Biggest! The Best Of Mr. Big』

BIG,BIGGER,BIGGEST! The Best Of MR.BIG

BIG,BIGGER,BIGGEST! The Best Of MR.BIG

 

Van Halen『Greatest Hits Vol.1』

グレイテスト・ヒッツ

グレイテスト・ヒッツ

  • アーティスト: ヴァン・ヘイレン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

Roxette『Greatest Hits!』

Don't Bore Us Get to the Chorus : Roxette's Greatest Hits

Don't Bore Us Get to the Chorus : Roxette's Greatest Hits

 

このビッグウェーブに上手く乗りまして、これらのベストアルバムを足がかりにして、洋楽ハードロックにハマっていきます。

大学時代のバイト先の先輩の影響も大きかったですけどね。Bon JoviやAerosmithが好きだと言ったら、それだったらこんなのどう、気に入ると思うよと、FirehouseやSkid Row、Guns N' Rosesなどを教えていただいて。

ひと口にハードロックといっても、中でも特にアメリカのハードロックを好んで聴くようになる嗜好が、これで補強されましたね。

やっぱり、なんといってもBon Joviですね。あの衝撃は強烈でした。

あと、これらのベストアルバムを聴いていくうちに、自分が好きな音楽の傾向を大体つかめたのも大きかったですね。

歌が上手くて、ギタープレイが華やかでカッコいいのは大前提。メロディがキャッチーで、素敵なバラードがあればなおよし。

この条件をもとに、私の大好きなロック音楽に対する探求が始まっていくことになったのでした。

洋楽関連記事 

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp