定時ダッシュ決めて、名古屋にライブを観に行ったこと何度かあるけど、素人にはおすすめできない

私は主に洋楽ロックを愛聴しているんですけど、好きなアーティストが来日公演を行うとなると、公演日を調べて、都合がつけばたまに観に行っています。

f:id:aifeel:20180131185632j:plain

つい先日は、神奈川県川崎市のクラブチッタで、Harem Scaremのライブを観てきました。

aifeel.hateblo.jp

また、2017年の年末には、ナゴヤドームで、中学生の頃から大好きなB'zを観てきました。国内の大物アーティストのライブは休日に組まれることが多いので、チャンスが多いのが嬉しいです。ただし、チケットが取れるかどうか、これが問題ですね。競争率激しいですから。

aifeel.hateblo.jp

私が勤めている会社は基本的に土日休みなので、休日に開催されるライブには、なんの障壁もなく参加できます。土曜や日曜に開催されるライブはなかなかないので、貴重な機会ですね。

私は静岡県の西部地方に住んでいるので、名古屋公演を狙うことが多いです。ただ、名古屋は飛ばされることが多いんですよね。特に来日組。東京と大阪のみとか。東京のみとか。さいたまスーパーアリーナのみとか。

Bruno MrasやMuseやTaylor Swiftクラスですら、たまアリのみとか、ちょっとどうかと思いますけどね。もう少し観に行くチャンスを下さいよ。意味わかんないすよ。

ただでさえ来日が少ないのに、近くでの開催もめったにないという二重苦です。

それがせめて休日開催であれば、よっぽど生で観たいアーティストであればなんとかチケットを確保して、観に行きたいところなんですけども。大体が平日開催なんですよね。有給を取るにしても、観終わって夜遅くに帰ってきて次の日に朝早くから仕事とか、しんどいですし。

あと、タイミングですよね。有給は権利なんで、本来であれば行使するに遠慮も何もいらないはずなんですけど、申請しづらいときってあるじゃないですか。

しまったついこの間休み取ったばっかりだぞ、とか。休日出勤断ったばっかりだから申請しづらさハンパないぞ、とか。繁忙期で誰も休み取らないので申請しにくいな、とか。

気にするほうが損というのは分かってますけど、そればっかりではないですからね。自分さえ良ければそれで良いのかとか、義理人情とか。しがらみは無視できないですよ、なかなか。

そんなこんなで色々あって、休みを取りそびれて、しかしライブは観に行きたい。

となると、定時ダッシュ決めて名古屋を目指すしかないですよね。

本来であればこんなことやりたくないんですけど、もうこれしかなくて、仕方なく。

不本意ながらこのような形に追い込まれて、平日に開催された名古屋公演を観るために、仕事終わりで会場に直行したことが何度かあるんですけど、まあはっきり言っておすすめできないですよね。仕方ないからやるだけで。やらずに済むのなら、それに越したことはないです。

まず、時間に余裕がなさすぎるんですよね。

17時。定時のチャイムが鳴って数分後にはタイムカードを切って、職場のすぐ近くにある妹の家に。一度自宅に帰ってる暇なんてないですからね。着替えを用意して出社して、妹の家で着替えさせてもらって、最寄りの駅に送ってもらうわけです。ここまでで17時半にはなってますよね。

なかなかやって来ない在来線にヤキモキしながら、豊橋駅を目指します。やってくる電車が、ちょうど大垣や米原行きの特別快走だったら最高なんですけど、そううまくはいかないです。ほぼ豊橋止まりなので、豊橋で名古屋行きに乗り換えです。

18時までには豊橋駅にたどり着き、即名古屋行きに飛び乗る。それが出来ないと、19時開演に間に合うかどうか、微妙になってきます。自販機で飲み物買って水分補給くらいは出来ますけど、軽く腹を満たしておく暇もないんですよね。

まあこれは、自分が必死になりすぎてるだけかもしれないですけども。ちょっと冷静になれば、ホームの片隅で人目を忍んで、菓子パンかおにぎりくらいなら食べられるかも。

で、電車が混んでるんですよ、これがまた。帰宅ラッシュ真っ只中なんで当たり前なんですけども。座れずに約50分の忍耐の時を過ごし、やっと名古屋に着いたと思ったら、今度は地下鉄への乗り換えにダッシュですよ。早足で息を切らしながら歩いて、やっとのことで会場に到着。

そのときにはもう開演の19時間近で、ゆっくり物販を吟味している時間もなしと、そんな塩梅です。なんとか開演に間に合ってホッとした、心にあるのはただそれだけです。

終演したら、余韻に浸る間もなく、速攻で会場を出ます。もはや疲れ果てているので、一刻も早く家に帰りたいのです。ぼやぼやしてたら、終電にも間に合わなくなってしまうので。

終電に確実に乗るためには、22時までには金山駅にたどり着いておきたいところです。

せっかく名古屋まで来たからには、大都会のタワレコや、金山のサウンドベイで、何かいいアルバムはないか探したいところなんですけど、残念ながらそんな余裕はないです。

それもこれも、すべて定時ダッシュ終演ダッシュのせいです。休みを取りそびれた私のせいです。

帰りの電車が、うんざりするほど混んでるんですよ、これがまた。

岡崎を過ぎるまで、辛抱のときが続きます。約二時間立ちっぱなしでライブを観た後に、電車でも立ちっぱなし。これはきついですよ。

やっと席が空いて座れたかと思ったら、一瞬で寝落ちして、はっと気がついたときにはもう豊橋。乗り換えて地元を目指します。

優しい妹に迎えに来てもらって、ライブの感想を少し話したりしながら愛車に戻ります。私の影響をモロに受けて、妹も少し洋楽ロックに親しんでいるので、ちょっと話が通じるんですよ。

本来であれば、妹の家で少しくつろいでから帰りたいところなんですけど、グズグズしていると日付が変わってしまうので、お礼もそこそこに愛車に乗り込み、家を目指します。

だいたいこんな流れで、ぎりぎり日付が変わる前に帰ってこれるかな、といった感じですね。定時ダッシュ、名古屋でライブ、直行直帰。

家に帰ってきたら遅めの晩飯を食べて、お風呂に入り、翌日の仕事に備えて寝る。

そんなに上手く、すぐには寝れないんですけどね。ライブの興奮が冷めやらぬのか、早く寝なければという焦りが、睡眠を邪魔しているのか。翌日の仕事に響きまくります。

自宅と職場が豊橋駅のすぐそばであれば、もう少し余裕が持てるんですけどね。

大都会の東名阪に住んでいる人達はいいなぁ、羨ましい、仕事帰りに気軽にライブを観に行けて。そんな風に思っていた時期もありましたけど、チャンスが多いからって全部が全部観に行けるわけではないですし、移動時間が多少短く済むぶんゆとりが持てるだけの話で、それはそれでしんどい面もありますよねぇ。

ライブ当日は午後半休、ライブ翌日は午前半休。なんの気兼ねもなくその取得が乱発できれば、こんな苦労をする必要もないんですが。