2018年9月8日、豊田スタジアムでB'zのLIVE-GYM Pleasure 2018 "HINOTORI"を観てきた

2018年9月8日、愛知県豊田市の豊田スタジアムにて開催された、B'zの30周年記念ライブLIVE-GYM Pleasure 2018 "HINOTORI"を観てきました。

豊田スタジアムに行くのは初めて。のどかな田園地帯に、ポツンとそびえ立つ異様にカッコいいスタジアム。

雨予報どおりの怪しい雲行きでしたが、軽く通り雨に降られたくらいで、席も屋根の下にあったのでカッパや着替えの用意が杞憂で済みました。

バックスタンド席だったのですが、向かいのスタンドが壁に見えるほどの急傾斜。そのおかげで、いつもなら前の人の頭や手に視界を遮られて気が散っていたのがまったくなくて、めちゃくちゃ見下ろしやすい席でした。

今度はサッカー観戦で訪れてみたいですね。

f:id:aifeel:20180909094940j:plain

今回も、いつものライブ仲間四人で突撃。初めての会場で、周辺の駐車場事情などがよく分からないので、早めに出発。

それが良かったのか、周辺の混雑もそれほどではないうちに着いて、スタジアム近くの漫画喫茶が有料で駐車場を開放してくれているのを発見したので、そこに停めさせてもらいました。

クルマを停めてグッズ売り場に向かったら、いつも行列なのが待ち時間ゼロなほどガラガラでスムーズに買えて、嬉しいより先に戸惑ってしまいましたね。なんかいつもとちょっと様子が違うぞ?

開場時間まで近隣のイオンや喫茶店で 暇をつぶして、開演一時間前に入場ゲートをくぐったのですが、スタジアム内の動線が悪すぎて、席にたどり着くまでに予想以上に時間を要してしまいました。

ところどころ通路に関所のようなゲートがあって、道幅が狭くなっているところで詰まってしまい、双方向から押し合い圧し合いに。これはどうにかならなかったんですかね。ちょっとひどかったですね、あれは。今後、動線について再考していただきたいところ。

開演予定時刻をやや過ぎてようやく席にたどり着いたのですが、いつもであればほぼ定刻でスタートするのになかなか始まらない。10分、15分と過ぎても始まらないので、客席がざわめき出しました。やはり体調が悪いのか…。

結局20分ほど押してスタートしたのですが、さっきまでの心配はなんだったのかと呆れるくらい声が出ていて圧倒されました。少なくとも、観ていて、調子が悪そうな様子はまったく感じられなかったです。

ちょっとバンドの音がおかしかったり、珍しく歌詞が飛ぶところがあったりと、ところどころ引っかかるところはありましたが、相変わらずのパワフルなステージ進行。しびれるほどカッコいい。

初期や最近の曲をバッサリ切り捨てて、黄金期、絶頂期の楽曲ばっかりが次から次へと繰り出されたセットリストは圧巻でした。青春時代に聴きまくっていた曲のオンパレードですからね。大興奮ですよ。

そして、あの怒涛の演出は鳥肌感涙モノでしたね。昔のライブは映像作品を通してしか知らない自分でも心震えるほど感動したので、昔からずっと観続けている人たちの感動の大きさは計り知れません。

終演後、友人から教えてもらったり自分でセットリストを調べたりして知ったのですが、大好きなある曲がカットされていたのはさすがにショックでした。ただ、聴きたかったのも確かですけど、心満たされるほど感動して満足していたのもまた確かなんですよね。

なので、別に文句とかそういうわけではなくて、聴けたらより嬉しかったのにな、と。減点ではなく、加点要素が少し減った、そんな感じですね。

MCで、「ライブをやるたびにみんなからPleasureをもらっている。みんなが僕たちのPleasure。だからやめられないんですよ!」と力強くおっしゃっていたので、35周年、40周年と、今後も力強く走り続けていくことでしょう。

おふたりが立ち止まらない限り、ついていくのみです。今後のますますの活躍を楽しみに。

B'z関連記事 

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp

aifeel.hateblo.jp